セキュリティ security

ダブルオートロック&新ハンズフリーシステム「ラクセス」

1階では「グランドエントランス」と「グランドロビー」の2箇所、3階では「ステーションエントランス」とその奥にある風除室の2箇所にオートロック操作盤が設置され、二重のチェック機能で防犯性を高めるダブルオートロックが採用されています。各住戸の玄関と合わせると、三重のセキュリティになります。さらに、共用部のオートロックドアには、新ハンズフリーシステム「ラクセス」が導入されています。IDキーをポケットやカバンに入れたままでも、リーダに近づくと自動的にID認証を行い、オートロックドアが解錠されます。
※32階はエレベーターホールにも集合玄関機があります。

スムーズにエントランスを通過

ベビーカーを押しながらでもそのまま

アーバント

セコムと提携したセキュリティシステム「アーバント」で24時間居住者の安心を見守ります。

防犯カメラ

建物内への不審者侵入などを録画し、防犯・安心な暮らしを見守ります。

袖パネル型一体ドア

木目調の玄関ドアは抽パネルを一体型でつくり込み、住まいの顔として重厚感が演出されています。玄関ドアには、官民合同会議により防犯性の高い建物部品として認定された、CP認定の防犯ドアが採用されています。指挟み防止機能付きで、小さなお子様の安全にも配慮。また、共用廊下旬から丁番が見えないようデザインされた仕様となっています。

インターホン

エントランスの来訪者を音声と画面で確認できる7型の大型カラーモニターが搭載されたタッチパネルインターホン。「エネコック」によるエネルギーの見える化など、高機能なサービスが採用されています。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現況と異なる場合があります。